最近では樹木葬や散骨の自然葬が増えています

バナー

最近では樹木葬や散骨の自然葬が増えています

自然葬とは、一般的な墓石の下に埋葬する方法ではなく、遺体や遺灰を海や山など自然の大きな循環の中に回帰させようとする葬送の方法を広く指す言葉です。

世界中で行われて来た風葬、鳥葬、水葬、火葬、土葬、樹木葬などがこれに当たります。

朝日新聞情報を集めました。

最近、日本では自然葬を望む風潮が強くなってきており、散骨や樹木葬を行う人が増えています。
この現象は、自然へ帰りたいという思いが増えている理由の他に、核家族化や少子化により、従来の様な墓の管理体制が維持できなくなって来ている事も関係しています。

散骨と言っても、どこの海に勝手に遺骨を撒いて良いと言うものではなく、専門の業者さんの助けを借りて、漁業などの妨げにならない場所に、遺骨を粉砕処理して粉状にした物を撒き、海にお返しするのです。



あくまでも、お墓に埋葬するのと同様に、故人の安らかな眠りと自然への回帰を祈る厳粛な儀式として行う必要があるのです。

また、自然に帰ると言う言う意味で、樹木の下に骨壺に入れずに遺骨を埋葬する樹木葬も増えています。



この樹木葬も自然葬の1つと言えます。

郊外の自然豊かな所で、好きな桜の木の下で眠りたいと言った思いで選択される方が多いのです。この樹木葬には、小さな銘板を置いて、そこに眠られている方を示している場合も多いようです。

樹木葬は、生前に永代供養墓等と同じように申し込む事ができ、また永代供養墓同様、埋葬された場所から無縁仏として移される事無く、故人の願いの通り、その場で自然に回帰できるのです。少子化の中で、こうした自然葬を希望する人は益々増えていくと思われます。

Copyright (C) 2015 最近では樹木葬や散骨の自然葬が増えています All Rights Reserved.