自然葬のメリットとデメリット

バナー

自然葬のメリットとデメリット

自然葬とは、お墓ではなく海や山などに遺体や遺灰を還して自然の循環の中に回帰していく葬送の方法です。

従来の墓石に遺骨を納める葬送の方法とは異なり、遺骨などを直接自然に還したり墓ではなく木などを墓標とするものを指します。

近年増えてきている葬送の方法で、自然へ回帰したいという思いが増えているほか、墓の管理が維持できなくなっているという背景もあります。

自然葬の方法はさまざまあり、細かく砕いてパウダー状にした遺骨を海で撒く散骨や骨壺や遺骨を土に混ぜて樹木や花を植える樹木葬などの方法があります。

これら自然葬のメリットとしては、墓地を継承する必要がなく木などは基本的に霊園や墓地側が管理するため永代供養と同じように管理に心配が無い、墓石よりも費用が抑えられるなどが上げられます。



そのほか墓石が必要ないため自然環境に優しいなどもあります。

デメリットとしては、埋葬後に遺骨を取り出すことができない、比較的新しい埋葬の仕方のため親族に理解を得られない場合もあり、事前に説明しておかないと親族間でトラブルとなってしまう可能性もあります。

また、どのような形の自然葬であっても決められた場所でしか行えないとされています。



そのため勝手に海や山などに埋葬してしまうと法律を違反することになってしまいます。

埋葬するためには法的に許可を得た場所で埋葬する必要があることを理解して行わなくてはならないのです。また、埋葬の際には埋葬許可書が必要となります。



Copyright (C) 2015 自然葬のメリットとデメリット All Rights Reserved.