今話題の樹木葬について

バナー

今話題の樹木葬について

近年、お墓への概念が変化しつつあります。

かつて、お墓と言えば石で造られた墓石のことであり、その中に、先祖と共に眠る場所などと考えられていました。

しかし近年、その考えが変化しており、墓石の代わりに樹木や花を植えて墓標とする墓が注目されているのです。

その埋葬方法のことを、樹木葬と呼び、この方法で埋葬することは、自然を壊さないエコな方法になるため、地球の環境に関心のある人からも支持されている埋葬方法なのです。

では、樹木葬が注目される理由について考えていきます。


まず、先祖の墓に入ることに抵抗を感じる人が増加したことがあります。そして、自分自身が先祖の墓に入っても、その墓を守る後継者がいないことも樹木葬が注目される理由となっています。



例え、子供がいる場合であっても、遠方に住んでいるや迷惑をかけたくない、などと考える人が多く、墓の管理が必要でない樹木葬のような方法が好まれ始めているのです。


また、霊園や墓石に多額の費用が必要なことも理由の1つに挙げられます。一般的なお墓の場合、永代供養料を加えておよそ300万円ほど必要になります。



このような様々な理由から、多くの人に注目されている樹木葬ですが、埋葬方法には2つの方法があります。
1つは、遺骨を個別に埋葬する方法で、現在最もポピュラーな方法となっています。



そしてもう1つは、複数人の遺骨を同じ区画に埋葬する方法です。

つまり、合同墓の形式を持ち、1つの骨壺や土地に複数人の遺骨が混ざる形で埋葬されます。

Copyright (C) 2015 今話題の樹木葬について All Rights Reserved.